丼物について語る

投稿者: | 2020年12月2日

この記事はアドベントカレンダー向けの記事です。

丼物を語る前に

前提として、私が少食であり、また小柄である、ということ。

その前提を踏まえ、職業的にも過酷な肉体労働を強いられる生活ではないことから、数年前に消費カロリーと普段の食事の摂取カロリーを厳密に計算してみたところ、「そもそも炭水化物は私に必要なのか?」という結論に達しました。

当時流行りの糖質制限ダイエットとかではなく、単純に計算して「おかずだけで摂取カロリーがほぼ足りている」ことに気付いた私は、日常的に「米を食べること」を辞めました。

米を食べるのを辞めた結果

意図的に炭水化物を摂らなくなった結果、「発作的に炭水化物を欲する」ことは無かったのですが、たまに食べる炭水化物に対する幸福感が増した気がします。

やはり、米は美味いし、ラーメンは美味いし、トーストは美味い。

なので、たまに食べる米、特に丼物に対しての要求レベルが、おそらく一般的な「米にどれだけ美味いものが乗っているか」ではなく「どれだけ美味い米の上に何かが乗っているか」という基準になっていきました。

その結果、丼物は外食で気軽に食べるものではなくなり、ちゃんとしたお店のちゃんとした丼物を食べる、もしくは自宅で米を炊き何かを乗せる、というものになりました。

自宅で米を食う時

もう、これはですね、米を食う時は最高の状態で食いたいわけです。そうなると宮城県産ひとめぼれを玄米のまま購入して、自宅の精米機で精米して食うようになるわけです。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥10,980 (2020/12/02 00:05:11時点 Amazon調べ-詳細)

精米機、もうね、マジでうるさい。たぶん賃貸住宅の人だと怒られるレベル。

でも精米したての良い米、本当に美味しいんですよ・・・。

皆様も自宅で丼物を食べる時はぜひとも良い米で食べていただきたい。

この記事にオチはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です